ほくほく大島駅俯瞰

【2014.5.26追記】
 先日、ここを訪ねてみたところ、田んぼの形が機械作業がしやすいよう作り変えられておりました。以前より田んぼが広がったぶん、線路の見通し範囲は狭まり、2両でカツカツという状況です。あとは脚立で高さをかせいで見通しをよくするほかありませんね。
2014.5.17 11:24 はくたか6号
a0206532_954057.jpg




 こんにちは、コダックです。
 まつだいを過ぎると国道253号線はふたたび山越えにかかります。松之山方面への道を分け、丘の稜線をたどるように走る窓には「よくぞこんなところを耕作したもんだ!」と感嘆する棚田風景が。その方面の愛好家には有名お立ち台でして霧の朝などはカメラの砲列が敷かれます。さらに進むと儀明峠トンネル、この峠が魚沼と頚城の境目、新潟県における天気予報の地域区分も中越から上越へと変わります。

2007年5月14日 13:34
a0206532_17562820.jpg


 さて、われらが「はくたか街道」は、というとまつだいを発車したらすべてをスルーする鍋立山トンネルへ。出口には次の駅、ほくほく大島がトンネルの合間のわずかな明かり区間にへばりつくように・・・。実際ホームの端は鍋立山トンネル内に食い込んでいます。ここでご紹介するポイントはそのほくほく大島駅から次の深沢トンネルまでのほんの数十メートルを俯瞰する場所です。
 「はくたか」は3両がやっと。一瞬のうちに通過して行きますが「駅裏」みたいな地の利なので駅から聞こえてくる接近放送でタイミングはつかみやすいです。
 ところで眼下の田んぼの稲が成長する夏以降は、微妙に、ですが高度感が薄れます。三段程度の脚立が欲しいところです。

【行き方】
ほくほく大島駅前を通る県道を左へ。200mほど進み左手へ登る坂道へ入ります。あとは集落の中を蛇行しながらひたすら登り。駅から徒歩15分弱です。ちょうど斜面を背にするほくほく大島駅の上方という位置関係になります。クルマ進入も可ですが地域住民の通行もたまにはあるので迷惑にならない駐車を願います。
【積雪期】
除雪はしていません。行ったことはありませんが積もった雪でおそらく線路は見えないと思われます。


[PR]
# by muikamachi-hatsu | 2011-05-28 18:14 | まつだい-大池いこいの森 | Comments(0)

はくたか交換

こんばんは。ATS-PPです。ワタシは超お手軽な駅での撮影をガイドします。

単線のほくほく線は駅と信号場ですれ違いや追い抜きが行われます。信号場は3箇所(赤倉・薬師峠・儀明)
ともトンネル内のため撮影不可。交換可能な駅は、十日町・まつだい・虫川大杉・くびきの4駅となります。
このうち、9両編成の「はくたか」の交換を撮りやすいのが十日町駅。

a0206532_213402.jpg


ホーム端からの撮影となりますが、この場所はとても狭くなっているので、列車の到着・発車時は十分な
注意が必要です。停車時間が1~2分程度なので、撮影は素早く行うのがコツ。レンズは標準ズームが有利。
直江津方・越後湯沢方ともに撮影は可能ですが、線路はほぼ南北に走っているので、直江津方が
順光になります。ただし、時間帯によっては標識や架線柱の影が車体にかかるので、薄日~曇りの
日が狙い目かもしれません。画像は午前9時半頃の模様です。

【行き方】
ほくほく線十日町駅下車。

【降雪期】
ホーム上は消雪用の散水で除雪されています。
[PR]
# by muikamachi-hatsu | 2011-05-27 21:45 | 十日町-まつだい | Comments(0)

石打丸山スキー場内その1@越後湯沢-石打

a0206532_16593548.jpg

2011年5月24日 13:51

こんにちは、コダックです。「水の国」・・・。田植え時期の魚沼にはこのコトバが似合います。

夏はクルマで、冬はスキーやボード履いてリフトに乗って・・・。スキー場は雪国でのお手軽俯瞰代表格でしょう。
石打丸山スキー場中央第二リフト終点からの撮影です。リフト運転中は降り場のステージ上に立っての撮影は当然できませんので、夏場限定のアングルとなります。
正午ごろから日没まで順光。でも朝方の逆光に輝く田んぼも捨てがたいです。

【行き方】
国道17号線「石打観光口」入口看板(スーパーはりまや有り)のT字路をスキー場方面へ。上越線ガードをくぐった先の突き当たりT字路を左折、あとは道なりに登りです。普通車でも通行可能な公道(市道)ですがごく一部未舗装の部分があります。
【降雪期】
もちろん大歓迎!ただしこのリフト、下り線乗車はできません。スキー、スノーボードのいずれかの滑走用具を準備され、ダウンヒルの「合間鉄」スタイルをお勧めします。


[PR]
# by muikamachi-hatsu | 2011-05-27 17:01 | 越後湯沢-六日町 | Comments(3)