<   2012年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

大地の芸術祭~越後妻有アートトリエンナーレ~

こんにちは、コダックです。
2000年に始まったこの「大地の芸術祭」、今年その第4回目が9月17日まで開催中です。

過疎と高齢化が進んで限界集落だらけの山里でこんなものが受け入れられるのか。またそれをわざわざ見に来る人なんかいるんだろうか・・・。そんな私の思いは完全に忌憂だったようで、約50日間の開催期間中に40万人近い人が内外から訪れる大イベントに成長しました。JRからほくほく線に乗り入れる臨時列車も運行されるようになって、テツな人にとっても注目のイベントになりつつありますね。

十日町市を中心とする妻有(つまり)の広大な山里を美術館に見立てる、というコンセプトなので全部鑑賞するのはマイカーを使ってもかなり大変ですが、芸術作品と「はくたか」のコラボレーションをまつだい駅周辺で狙ってみました。

2009.8.16 十日町-まつだい
a0206532_1134030.jpg


フランス人アーティストによるこの作品は、題して「リバース・シティ」。色エンピツ群の長さは2メートル前後、そして大人がジャンプしてもわずかに届かない高さに吊り下げられています。一本一本に国の名が記されていて、色や長さの違いに作者のメッセージが込められているんでしょう・・・。なんて深読みをしようがしまいが棚田の中に忽然とこうしたものが存在するのは意表を突かれます、単純に楽しいです。

野山を汗をかきながら「芸術の夏」もいいものです。

【行き方】
まつだい駅の周辺と松代城跡へ至る山道に比較的作品が集中しています。「大地の芸術祭」公式ホームページなども参照して下さい。まつだい駅周辺の他に北越急行と絡めることができる作品があるかどうかは未確認です。
ただ鉄道と絡めた構図なんてことには当たり前ですが配慮は一切していませんし、そもそもあらぬ方を向いていたり、でけっこう頭を抱えることになろうかと思います。
【その他】
2000年の第1回から芸術祭開催の有無に関係なく常設されている作品も数多くあります。雪の重みでつぶれてしまうようなものは除き、基本的に撤去はされないようです。だから「芸術祭」が終わってしまっても大丈夫です!
[PR]
by muikamachi-hatsu | 2012-08-13 11:37 | 十日町-まつだい | Comments(0)

越後湯沢駅

2009.8.16
a0206532_9474088.jpg


残暑お見舞い申し上げます、コダックです。

さてお盆休みも佳境、今宵は迎え火を焚いてご先祖様をお招きせねばなりませんね。

【はくたか】のターミナル、越後湯沢駅をご紹介します。1時間ごとに繰り広げられる乗り換え劇のキャスティングに帰省シーズンになると、子供連れの微笑ましい姿が多く加わります。
しかし、【はくたか】と新幹線との接続時間は10分足らず。旅慣れない人が多くなるので乗り換え改札口では自動改札機を止めて切符のチェックよりも人の流れをよくすることに重点が置かれるようになりますが、立ち止まってしまう人もいて駅職員の方々が誘導に声をからしています。

改札内のレイアウトが一昨年から変更され、この画像と同じように撮ることは現在はできなくなっておりますが、在来線ホームへ向かう途上にある立ち食いソバのスタンドやホームに立つ駅弁販売員なども絡めて乗換駅らしい情景のスケッチはいかがでしょうか。

ホームや改札周辺以外でおすすめなのが新幹線コンコース直下の駐車場からです。入場券を買わなくとも発車前の【はくたか】の表情をゆっくりと狙うことができます。4時間までなら駐車無料ですので、撮影の後は「エキナカ」でお土産物色、ぽんしゅ館で日本酒風呂・・・と撮影行の〆に立ち寄るのが楽しいかも。

【行き方】
電車の方は説明不要。クルマでのこの駅直下の駐車場への入場方法が少々わかりにくいのでご案内します。
越後湯沢駅南側(越後中里寄り)に「三国街道踏切」という名の踏切があって、駅の東西を最短で結んでいます。この踏切のある通りが新幹線をくぐる真下に出入り口はあります。コンコースへは駐車場内の階段からまっすぐ上がることができます。
【ご注意】
多数写り込むであろう人物へのご配慮をお願いします。
[PR]
by muikamachi-hatsu | 2012-08-13 10:07 | 越後湯沢-六日町 | Comments(0)