カテゴリ:大池いこいの森-犀潟( 9 )

電柱を極める。

【お勧め】
くびき~犀潟に広がる大水田。稲がすくすくと育っているころと思います。
曇り空でイマイチ撮影に気が向かないときでも、水田にズラ~っと林立する
架線柱を160km/hで突っ走るはくたかを見る、今年が最後のチャンスです。

【ロケ情報】
北越急行くびき駅で下車。機材担いで地図便りに県道を渡り、農道を歩いてください。
ロケ地てんこ盛りです。

【注意点】
田んぼを景色にする場合、田んぼに絶対立ち入らない、クルマは邪魔な場所に置かない、
声を掛けられたら必ずご挨拶。当たり前と言えば当たり前過ぎる事柄を、最近は
こうして注意せにゃならんことが悲しいと思える場合があります。

はくたか街道散歩、の読者の皆様はそんなことは無いと信じております。

a0206532_1233797.jpg

[PR]
by muikamachi-hatsu | 2014-07-21 01:24 | 大池いこいの森-犀潟 | Comments(0)

くびき大水田のリフレクション

こんにちは。くら。@鎌倉です。

【お勧め】
8月のお天気…といっても最近は酷暑続きですから炎天下ですが…日没前のひと時、
お天道様が列車のボディに反射して素敵なリフレクションを見せてくれることがあります。
特に線路が開けているくびき~犀潟の大水田は超望遠を使うとリフレクションにありつける
確率が大。
a0206532_23595760.jpg


【ロケ情報】
 くびき駅から駅前の県道を跨いで大水田に出ます。道路がクランクになってますので
自分で列車ボディの反射具合を確認しながらロケ地を固定しましょう。

a0206532_003541.jpg


【注意点】
 水田ですから田植え、代掻き、刈り取り時期はクルマを留める場所はありません。
テツならほくほく線に乗車して現場に出向きましょう。
そのほうがラクです。

レンズは最低でも400mmは欲しい。300mmでは少々範囲が限定されてしまいます。

2015年に北陸シンカンセンが開通すると、はくたかはお役ごめんになってしまいます。
夕日の反射を狙えるのはあと1年ほど??

a0206532_011437.jpg

[PR]
by muikamachi-hatsu | 2013-09-16 00:01 | 大池いこいの森-犀潟 | Comments(0)

くびき雪原のはくたか

a0206532_1162650.jpg

a0206532_1171869.jpg

こんにちは。くら。@鎌倉です。

【お勧め】
夏は稲穂たなびく雄大な大水田、冬は一面のだだっ広い雪原に変わることがあります。
上越特に直江津地区で降雪があった翌日、晴天ならぜひ探訪を。

【ロケ情報】
北越急行くびき駅で下車、犀潟方面へテクテク歩くとロケがすぐに広がります。


【注意点】
冬季でも時折クルマが通りますので、一応ご注意を。
[PR]
by muikamachi-hatsu | 2011-12-05 01:17 | 大池いこいの森-犀潟 | Comments(0)

木陰のパラダイス

a0206532_2111642.jpg

2010.7.20 14:12
夜になっても暑いですね、こんばんは、コダックです。
さて、今回ご紹介するのは大池いこいの森~くびき間。猛暑の中ではホントに嬉しい木陰のポイントです。

魚沼から続いた山岳地帯も徐々に表情がおだやかになって頚城平野と接するこのあたり、北越急行の線路は丘陵の縁を忠実にカーブを描きながらなぞります。カーブの先の短いトンネルを抜けたらくびき駅、風景は平野の大穀倉地帯に一変します。

バリバリの編成写真派にも情緒派にもおすすめする理由はこのゆるいカーブに沿った山側に保線作業のアプローチ用と思われる道というか、空間があること。そしてそれは線路脇でアップダウンを繰り返しているため、さまざまな視点から列車を狙うことができます。夏の日中、ここは日陰に入り、線路はごらんのような短い木陰のトンネルが続きます。


すこし開けた場所からは「里山」バックのこんなのびやかなシーンも得られます。
a0206532_751831.jpg

2011.8.14 14:32

こんなに列車に肉薄できる場所は沿線唯一といっても良く、さらに架線柱は反対側で背景は木立のみという条件の良さ。随所にある標識や電話箱の処理にアタマを使うのも楽しいですよ。なお編成写真派の方には築堤くぐって左手に向かえば周囲が開けた高架橋の先に大池いこいの森駅方面を見通すことができ、木陰に編成が乱されない構図が得られると思います。

【行き方】
大池いこいの森駅から線路を背に歩き出してすぐの変則T字路を丘の間に広がる水田方向へ左折、200メートルほど歩くと田んぼ1枚へだてた奥に線路の築堤をくぐる歩道が見えてきます。
舗装道路から未舗装のあぜ道に入り、築堤をくぐり抜ける(クモの巣注意!)と地理院の地形図にも載っていない中型トラック程度が通行可能な未舗装の道?あるいは空間?に出、線路に沿ったそのすべてが撮影地です。境界柱で確認しましたがこの部分は鉄道敷地外で、線路建設時の作業道が荒れ果てずに残っている?といった気配が漂います。北越急行の作業用車両が入っているのに遭遇したことはありますがどこで他の道路とつながっているかは未確認です。しかし最初にのべたように単なる空間であって「道路」ではないのかもしれず車でみだりに進入するのはおやめ下さい。広い駐車場がある大池いこいの森駅から歩いて15分弱でしかありません。

大池いこいの森駅から見渡す範囲に人家はなく、当然食料などの調達はできません。なお駅舎内には飲み物の自販機があります。

【冬期間】
すみません、行ったことがありません。しかし降ってもこの付近の降雪量はセンチ単位ですのでアプローチは可能と思われます。


[PR]
by muikamachi-hatsu | 2011-08-14 21:59 | 大池いこいの森-犀潟 | Comments(0)

これぞ夏空のはくたか!

こんにちは。くら。@鎌倉です。

8月も中頃になりますと、稲穂が綺麗に色づき始めます。
ほくほく線くびき~犀潟間の大水田ではそれこそ雄大な風景を眺めることができます。

【お勧め】
ドピーカンの快晴時、広角レンズで臨むと雄大な風景が楽しめます。

【ロケ情報】
くびき駅下車、日本海方向=犀潟駅方向にてくてく歩いて10分~60分。

【注意点】
農作業が忙しくなり始める頃には、クルマを置く場所ははっきりいって殆どありません。
農家の方の邪魔にならないように心がけてください。
a0206532_0442240.jpg


a0206532_045272.jpg

[PR]
by muikamachi-hatsu | 2011-08-04 00:46 | 大池いこいの森-犀潟 | Comments(0)

6月のくびき大水田

a0206532_1252299.jpg
こんにちは。くら。@鎌倉です。

6月ともなると、新潟各地も田植えがひと段落。ヒョロヒョロとした稲穂が水田に植えられています。
これが一ヶ月もすると結構シャキっと立ってくるんですね。
この植えたての水田を横切る単線高架軌道をかっ飛ぶはくたかを撮影できるのが、くびき~犀潟間。
四季を通して通いたいロケです。

【お勧め】
逆光となる方向を見ての撮影も面白いものです。
ただデジカメの場合、撮影後のアートワークでもう一段面白い画を作ることができます。


【ロケ情報】
くびき駅下車で水田方向を目指して30分程度で、こうした画が撮影できるロケが続きます。


【注意点】
別画像でも述べたとおり、田植え~稲刈りの間のクルマでの来訪は、できるなら避けたほうが無難でしょう。
田んぼを突っ切る道幅も取り敢えず2車線あります。しかし都会の人はクルマの停め方に多々難あり、です。
くびき駅前に置かせてもらうか、大水田全体をロケハンして駐車スペースを予め探しておくか…
何れにせよ、大人の常識と良識を持って撮影に臨んでください。
[PR]
by muikamachi-hatsu | 2011-06-14 01:26 | 大池いこいの森-犀潟 | Comments(0)

くびき大水田

a0206532_2132374.jpg

こんにちは。くら。@鎌倉です。

【お勧め】
見渡す限りの水田と、遠く米山を仰ぎ見る広々とした開放的ロケを、時速130km以上で突っ走る
はくたかを見るだけでも楽しいものがあります。


【ロケ情報】
くびき駅を出て県道30号線を横断すると、頚城区上柳町に至る広域農道があります。
線路からも見える一般農道です。

海沿いのため、真冬でもそれほど積雪量はありません。しかし一面白銀の世界を突っ走るはくたかを
目にしたら最後、足繁く通うことになります。


【注意点】
田おこしから稲刈り完了まで、自動車での来訪には非常に注意が必要です。

コンバイン、トラクターが入っている場合は、まず駐車スペースはありません。
8月頃なら農機も一旦は落ち着きますが、畦道の雑草を刈り取る巨大グラインダーが度々通過します。

このグラインダーが2~3cm程度の小石なら弾き飛ばしてしまうため、クルマのウィンドウが亀裂したり、
ボディが凹むこともあります。(経験者はかく語りき…)


くびき駅で下車してたかだか徒歩5分~1時間。越後の代水田を徒歩で満喫するほうが無難です。
[PR]
by muikamachi-hatsu | 2011-05-29 21:06 | 大池いこいの森-犀潟 | Comments(0)

お手軽に列車写真

こんばんは。ATS-PPです。きのこクーラーさんの記事に乗っかって、ワタシもくびきのガイドを。

新幹線並みの高規格なほくほく線で、防音壁や電柱を気にせず安全に編成写真を撮れるのが
くびき駅。通過列車は直線となる本線を高速で通過します。撮影は副本線側のホームの越後湯沢方。
線路は北西方向に向かっているため、夏場の午後が最適。レンズは200㎜前後の望遠が適しています。

a0206532_19471119.jpg


駅ホームでの撮影ですので、他の乗客や副本線側に発着する列車の妨げとならないように願います。

【行き方】
ほくほく線くびき駅下車

【降雪期】
平野部のため積雪量は少な目ですが、風が冷たいので冬以外の季節がおすすめ。
[PR]
by muikamachi-hatsu | 2011-05-29 19:55 | 大池いこいの森-犀潟 | Comments(0)

交換列車@くびき

こんにちは、きのこクーラーです。

ATS-PPさんが書かれたように、ほくほく線は単線ですので、普通列車に乗車すると交換、退避がけっこうあります。
くびき駅にて845M車内から交換の842M。

2010-08-29  16:43
a0206532_11352911.jpg

[PR]
by muikamachi-hatsu | 2011-05-29 11:36 | 大池いこいの森-犀潟 | Comments(0)