「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:まつだい-大池いこいの森( 3 )

はくたか並び

 お久しぶりのATS-PPです。皆さんが駅間のポイントで撮影しているのとは対照的に、
ワタシは超お手軽駅撮りが多くなっております。今回は、以前にご案内した十日町駅と
並んで、「はくたか」交換が狙える虫川大杉駅をご案内いたします。

 虫川大杉駅は、2面2線の交換可能なレイアウトとなっています。付近のスキー場への
アクセスのため、「シュプール号」の停車を考慮した9両編成対応の長いホームが1番線。
1998年に「シュプール野沢・苗場」が運転開始したものの、翌年からは早くも編成短縮。
運転日も減少し、2000年代初頭で運転が終了してしまいました。

 その名残の長いホーム直江津方で撮影したのがこちら。

a0206532_17574386.jpg

 2005年5月下旬に撮影。左は683系8000番台、右は681系2000番台

 レンズは24㎜を使用。683系は停車中、681系は停車する寸前です。『鉄道ダイヤ情報』
などに掲載されるダイヤグラムと、北越急行ホームページの運用表をチェックして、スノラビ
同士や、681・683系の並びを狙ってみてはいかがでしょう。

 なお、ダイヤ上では交換する両列車とも停車となっていても、遅れがある場合などに
一方が通過に変更される場合があります。列車の動きに注意して撮影してください。

【行き方】
ほくほく線虫川大杉駅下車。1番線ホームの直江津方です。

【降雪期】
1番線ホームの直江津方は除雪されていないこともあり得ます。決して無理をしないように
お願いいたします。
[PR]
by muikamachi-hatsu | 2011-08-29 18:19 | まつだい-大池いこいの森 | Comments(0)

盛夏限定ネタ

虫の声が秋を感じさせる六日町からこんばんは、コダックです。

さて、大池いこいの森駅わきは一面のひまわり!
構図を入念に決めたのにピン甘になってしまったカットを盟友、くら。@鎌倉さんにお願いし、ソフトフォーカスも交えた絵画的な雰囲気に加工していただきました。
もう今年は撮り直しに行けないけど、どうしてもご紹介したくて窮余の一策です(笑)。

2011.8.14 13:12
a0206532_12215411.jpg


駅舎とホームが写っている通り大池いこいの森駅のすぐわきです。殺風景な空き地(耕作放棄地か)にいろどりを、との地域の方々の心遣いでしょうか50メートル四方ほどのスペースにひまわりが咲き競います。

ご覧のように電車好きなひまわりらしく全員(?)線路の六日町方面に顔を向けているため、電車との組み合わせは案外やっかいです。端っこから広角レンズで、という狙い方しかないでしょう。

いつでも見られるシーンではありませんが、サクラより開花期はずっと長いと思います。なおひまわりがなくても、添付画像の右手の方向へ目を向ければ、トンネルを飛び出しゆるいカーブで高架橋を疾走する編成写真が撮影可能です。
電車移動の方には到着直後、あるいは次のポイントへ向かう直前に「はくたか」が通過する!なんて時のいたって便利なポイントかと。
[PR]
by muikamachi-hatsu | 2011-08-23 21:36 | まつだい-大池いこいの森 | Comments(0)

ほくほく大島駅俯瞰

【2014.5.26追記】
 先日、ここを訪ねてみたところ、田んぼの形が機械作業がしやすいよう作り変えられておりました。以前より田んぼが広がったぶん、線路の見通し範囲は狭まり、2両でカツカツという状況です。あとは脚立で高さをかせいで見通しをよくするほかありませんね。
2014.5.17 11:24 はくたか6号
a0206532_954057.jpg




 こんにちは、コダックです。
 まつだいを過ぎると国道253号線はふたたび山越えにかかります。松之山方面への道を分け、丘の稜線をたどるように走る窓には「よくぞこんなところを耕作したもんだ!」と感嘆する棚田風景が。その方面の愛好家には有名お立ち台でして霧の朝などはカメラの砲列が敷かれます。さらに進むと儀明峠トンネル、この峠が魚沼と頚城の境目、新潟県における天気予報の地域区分も中越から上越へと変わります。

2007年5月14日 13:34
a0206532_17562820.jpg


 さて、われらが「はくたか街道」は、というとまつだいを発車したらすべてをスルーする鍋立山トンネルへ。出口には次の駅、ほくほく大島がトンネルの合間のわずかな明かり区間にへばりつくように・・・。実際ホームの端は鍋立山トンネル内に食い込んでいます。ここでご紹介するポイントはそのほくほく大島駅から次の深沢トンネルまでのほんの数十メートルを俯瞰する場所です。
 「はくたか」は3両がやっと。一瞬のうちに通過して行きますが「駅裏」みたいな地の利なので駅から聞こえてくる接近放送でタイミングはつかみやすいです。
 ところで眼下の田んぼの稲が成長する夏以降は、微妙に、ですが高度感が薄れます。三段程度の脚立が欲しいところです。

【行き方】
ほくほく大島駅前を通る県道を左へ。200mほど進み左手へ登る坂道へ入ります。あとは集落の中を蛇行しながらひたすら登り。駅から徒歩15分弱です。ちょうど斜面を背にするほくほく大島駅の上方という位置関係になります。クルマ進入も可ですが地域住民の通行もたまにはあるので迷惑にならない駐車を願います。
【積雪期】
除雪はしていません。行ったことはありませんが積もった雪でおそらく線路は見えないと思われます。


[PR]
by muikamachi-hatsu | 2011-05-28 18:14 | まつだい-大池いこいの森 | Comments(0)