「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:六日町-十日町( 10 )

梅雨時の撮影

【お勧め】
特急はくたかはトンネル高速でトンネル通過します。トンネル内の気温は四季を通して
一定なため、梅雨時はトンネル内がひんやりしており、列車のボディーが冷やされます。
トンネルを出たはくたかは、一挙に高温多湿の空気に触れ、ボディーがまだら模様に
なります。


【ロケ情報】
イオン六日町店から徒歩ノンビリ歩いて徒歩15分程度。


【注意点】
稲刈りが終わるまで、田んぼの中に入るのは厳禁・論外です。
田んぼの農道に邪魔にならないように突っ立っていましょう。
もちろん、農作業用のクルマが来たら直ぐに避けます。
秋には美味しいお米を頂ける日本人として当たり前の事柄です。

a0206532_1221311.jpg

[PR]
by muikamachi-hatsu | 2014-07-21 01:23 | 六日町-十日町 | Comments(0)

名峰2山

こんにちは。くら。@鎌倉です。
蒸し暑い夏、如何お過ごしでしょうか。
少しは涼しさを、と言うことで名峰2つを。

【お勧め】
魚沼丘陵寄りから、快晴なら八海山と巻機山(まきはたやま)が見えます。
巻機山は、稜線がたおやかで何時見ても癒されます。

【ロケ情報】
北越急行魚沼丘陵駅から徒歩でいけます。
六日町のスーパー、イオン六日町店からも歩いていけます。

【注意点】
12月~4月の降雪・残雪時はカンジキまたはスノーシュー必須と心得てください。
道を踏み外すと側溝に落っこちて足をくじいたり骨折したりと大変です。

a0206532_1191946.jpg


a0206532_1194448.jpg

[PR]
by muikamachi-hatsu | 2014-07-21 01:20 | 六日町-十日町 | Comments(0)

絶景の八海山を拝む

こんにちは。くら。@鎌倉です。

六日町の名峰と言えば八海山。この名峰の名前を冠した日本酒をご存知の左党も多いはず。

【お勧め】
できれば一面雪原になっている時期で、かつドピーカンを狙えば至福のひと時が過ごせます。


【ロケ情報】

関越道六日町IC直ぐ脇のジャスコ六日町店の裏側に開けた水田地帯がロケ地です。
道路はそれ程広くありません。農繁期にはクルマを置く場所はありませんのでご注意を。
冬季はそもそもクルマでロケ地に入れません。
スノーシューかカンジキでエッチラオッチラ雪原移動が当たり前。


これは平野の雪が全て溶けた2006年撮影のヒトコマ。
a0206532_20424844.jpg



六日町~魚沼丘陵間に関越道六日町ICがあります。その近所の比較的高台になっているところから。
a0206532_20395089.jpg



新潟ケンベイ付近の空き地からウツラウツラと居眠りしながら撮影のヒトコマ。
a0206532_20404088.jpg



【注意点】
田んぼの雪が溶ける4月後半から農作業開始。
この時期クルマを好き勝手に留めると農家に迷惑がかかります。
”困った鉄オタ"と非難されないよう、十分注意しましょう。
[PR]
by muikamachi-hatsu | 2014-03-10 20:50 | 六日町-十日町 | Comments(0)

十日町市街俯瞰

2011.6.23 18:32 しんざ-十日町
a0206532_2022486.jpg


こんばんは、コダックです。
新潟も今週梅雨入り、本格的な雨の季節になりました。しばらく撮影の腰は重くなりますが、不意の止み間に「散歩」の取材…、いい気分転換かも(笑)。

それはさておき十日町市街地北東側からの俯瞰です。左にパンすると十日町駅も望めますが、欲張らず急カーブでこちらに顔が向く一瞬を逃したくありません。

【行き方】
クルマの場合は国道117号線「本町7」信号をしんざ駅方面へ。駅前を通り過ぎたのちT字路を左折、さらに1キロ強道なりに進みます。道路右側に立つ「大井田権現堂自然公園」という標柱を見落とさないようにして下さい。その角を右折します。あとはひたすら上りです。中腹には上水道(?)のタンクがあったりで分岐がいくつもありますが丘の上へ続く道は最終的には1本だけです。約900メートル進むと勾配の途中に駐車場が現れますが、その上手に建つあづま家のあたりが撮影ポイントです。公園らしさを漂わせるのはこのあづま家だけで、およそ他には何にもない山林の中です。徒歩の方は飲み物等の準備があったほうがよいでしょう。
しんざ駅から駐車場まで約2.5キロ、徒歩ですと30分というところでしょうか。

【おすすめ】
順光は午前中、しかしカーブ後方の大型店の看板が非常に目障りです。あえて半逆光の夕暮れ時をお勧めします。モノトーンに沈んだ街並みと背後の河岸段丘のコントラストを望遠レンズで引きつけてみるのも一興です。

【積雪期】
除雪はされません、到達は不可能でしょう。


[PR]
by muikamachi-hatsu | 2011-06-23 20:52 | 六日町-十日町 | Comments(0)

魚沼丘陵付近④

こんにちは、きのこクーラーです。
今回はほくほく線のド定番とも言える魚沼丘陵の南側を紹介します。
昼から日没までが順光となります。
ATS-PPさん撮影の6月のトップページもここの景色です。
どんな感じの場所かわかりやすいように約160度のパノラマ写真を合成してみました。

左端の杉の木の後ろが「魚沼丘陵駅」、真正面の山は「八海山(はっかいさん)」、右側4分の1あたりの橋梁が関越道のオーバークロスです。
御覧のように線路と平行して高圧線の鉄塔がならんでいますが、9両編成の「はくたか」はうまいぐあいに鉄塔のあいだにおさまります。
a0206532_20151749.jpg

2011-06-19  14:15

【行き方】地図をご参照下さい。魚沼丘陵駅から徒歩約5分、六日町ICからクルマでも約5分です。
付近の農道は道幅の狭い所も多いので、クルマは安全な所に置き、足で自分なりのベストポジションを見つけて下さい。

[PR]
by muikamachi-hatsu | 2011-06-19 20:24 | 六日町-十日町 | Comments(0)

魚沼丘陵付近③

こんばんは、コダックです。
撮り尽くされていそうで、メンバーの新作にはハッとさせられる…。もう何年繰り返してきたでしょうか。このカーブにはまだまだと思わせる奥行きと移ろう四季があります。私からはあまり皆さんが狙わないアウト側の関越自動車道沿いをご紹介しましょう。

2008.8.23 11:00
a0206532_2030519.jpg

線路の方からこちらに向かって標高が下がっていますのでこのような立体感のある構図づくりが楽しめます。八海山は背後になりますが南の秀峰、飯士山(いいじさん)のピラミッド型がいいアクセントで取り込みたくなるかも。光線は午前中、2011.3現在のダイヤでは「はくたか6号」ぐらいまでが順光になります。

【行き方】
魚沼丘陵駅からは「魚沼丘陵付近①」の場所から田んぼを関越道方面に向かい、その下をくぐり抜けた反対側。徒歩20分ほど。クルマの方は下記のマップを参照して下さい。高速道路の側道は比較的広いので駐停車はそれほど神経質にならなくても大丈夫ですが、やはり農耕車両優先でお願いします。
【降雪期】
徒歩しか方法はありませんが、それなりの装備がなければ困難です。


[PR]
by muikamachi-hatsu | 2011-06-13 20:35 | 六日町-十日町 | Comments(0)

魚沼丘陵付近②

こんばんは。ATS-PPです。

暑くなってきました。本州各地では梅雨入りした所も多いようですが、北陸地域はまだ梅雨入り前。
週間予報では、晴れ~曇りばかりで、梅雨はもう少し先になりそうな気配です。

きのこクーラーさんがガイドした魚沼丘陵付近の、山を主体に狙うパターンです。

a0206532_213442.jpg


撮影は2010年5月16日、列車は「はくたか18号」。


a0206532_2142770.jpg

こちらは2010年11月30日、「はくたか14号」です。

春の残雪と初冬の初雪では、だいぶ雰囲気が違いますね。四季を通じて撮影できるポイントです。
レンズは150㎜前後が適しています。もちろんそれ以外の焦点距離でもいろいろ表現できます。
近年は温暖化のためか、以前よりスッキリした青空の晴天の日が少なくなっているような・・・・。
真冬の画像は後日機会を見て投稿しようと思います。

【行き方】
魚沼丘陵駅下車、あるいは駅の駐車場にクルマを止めたら、県道を北に向かって数十メートル。
道路からの撮影となります。それなりの交通量があるので、安全に配慮願います。

【降雪期】
道路は除雪されていますが、道幅が狭くなっています。また、今年や平成18年のように大雪の年は
雪壁が高く、道路からは線路が見えません。撮影には工夫が必要です。
[PR]
by muikamachi-hatsu | 2011-06-10 21:59 | 六日町-十日町 | Comments(0)

魚沼丘陵付近①

こんばんは、きのこクーラーです。
金沢行きの「はくたか」は六日町を出ると市街地を抜け、田園地帯を大きな弧を描いて関越道をオーバークロスし、魚沼丘陵駅に至ります。
この辺りのフィールドは広く、背景の山や田んぼが四季折々の表情をみせてくれます。
ただ、高圧鉄塔が線路に沿う形で並んでおり、この処理をうまくできるかがポイント。
築堤の北側は午前中、南側は午後が順光になります。
a0206532_21204419.jpg

2011-06-04 9:32


【行き方】魚沼丘陵駅前の県道を北に100mほど進み、未舗装の農道を右に折れさらに100m行った路上から。
クルマの場合、駐車スペースは幅の広い農道もあるが、駅前の駐車スペース利用が無難。

【積雪期】農道は除雪されないので、駅前の県道からの撮影となる。

[PR]
by muikamachi-hatsu | 2011-06-05 21:31 | 六日町-十日町 | Comments(0)

赤倉トンネル坑口@魚沼丘陵

 こんばんは、コダックです。
 六日町で上越線から分かれた北越急行の線路は大きなカーブを回って、赤倉トンネルで六日町盆地に別れを告げます。その坑口上から撮影です。
 ここは敢えて冬場をお勧めします。夏場は眼下の水田地帯で大カーブを自在に楽しむべきでしょう。防音壁や変電所の建物、さらにはトンネル坑口の構造物・・・といろいろあって大変窮屈なこの場所ですが、冬は自由に楽しめないこの界隈での数少ない撮影地です。正面にそびえる巻機山をはじめとする越後の山々が夕映えに輝く時間帯にぜひモノにしてください。厳冬期よりは少々春の気配が見え始め、日没も遅くなる2月下旬からがおすすめです。

2011年2月21日 16:48
a0206532_21381443.jpg


【行き方】
魚沼丘陵駅下車。駅前を走る県道の北越急行のガードをくぐったところをすぐ右折。道なりに150メートルほど進んで突き当たりを左折します。左手に見える変電所を巻くように登るとトンネル坑口上に出ます。
防音壁とトンネル坑口の構造物を上手にかわせる立ち位置には3人立てるかどうか。窮屈なポイントですが魚沼の景観をいっぱいに取り込んで下さい。
【降雪期】
除雪されており徒歩はもちろんクルマでの到達も可能です。ただしすれ違い困難、したがって駐車場所もまったくありません、クルマの方はごく至近ですので魚沼丘陵駅の駐車スペースをご利用下さい。
冬こそお薦めの理由は、除雪によってできた雪壁に登ることで眺望が広がることです(ほんの2mほどですが)。小さくてもよいのでスコップがあると足場固めに便利です。
[PR]
by muikamachi-hatsu | 2011-05-29 21:50 | 六日町-十日町 | Comments(0)

六日町大雪原

a0206532_21302866.jpg

こんにちは。くら。@鎌倉です。

【お勧め】
春がもう直ぐと言う3月になると、比較的快晴の日に恵まれることがあります。
神々しい八海山、一面の白銀の世界を走るはくたか。これを拝まずして北越急行は語れません。


【ロケ情報】
関越道六日町ICの横のジャスコ六日町店と、魚沼丘陵駅付近までの雪原=水田です。


【注意点】
冬期は平均すると2m前後の積雪があります。なのでクルマなら雪上車か74式、できれば90式で
行くほうが無難でしょう…と言う訳はなく、冬期にクルマでロケ地に行くこと自体が無理です。

バスでジャスコ六日町店を目指し、カンジキまたはスノーシューを持参して雪原を歩きます。

注意しないと排水溝に落っこちる危険があります。捻挫ならともかく骨折すると洒落になりません。
厳重に用心して雪漕ぎが必要です。

雪国でない地方の撮影者さんは、撮影50%、雪上歩行50%の心つもりで臨むべきです。
[PR]
by muikamachi-hatsu | 2011-05-29 21:32 | 六日町-十日町 | Comments(0)