「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:越後湯沢-六日町( 19 )

稲刈りが終わり。

銀の道です。お仲間に入れてもらい少しづつ参加させて頂きます。


もうすぐ白銀の世界になる僅かな時間。
関東の冬景色を髣髴とさせる冬枯れの風景。
夏が終わり早足で秋が過ぎ、やがて長い冬がやってくる。そんな短い秋の景色。

塩沢と上越国際スキー場の地元で言う西山に向う道すがら棚田越しに見えるこのあたりは
四季折々の景色があり大好きなところ。
構図も色々と取れるので楽しいところです。
a0206532_17444628.jpg


アクセス 天野沢の有名なお立ち台より水道のタンクを目指して上ります。道路から見えるので
     すぐにわかるかと。ちなみに田植えの頃稲刈りの頃を問わず田んぼの畦に立ち入ることは
     厳禁です。ちなみにこのカットも道路から撮影しています。
[PR]
by muikamachi-hatsu | 2013-12-19 17:44 | 越後湯沢-六日町 | Comments(0)

上国前カーブ@冬季

ご無沙汰しております。ATS-PPです。

また冬がやってきました。この記事を書いている12月半ばは強い冬型により、魚沼地域は全般的に雪となっております。

すでに、くら。さんがご案内していらっしゃいますが、上越国際スキー場前(通称:上国前=じょうこくまえ)駅に近いカーブのガイド冬季版です。たいへん良い撮影地ながら、2011年7月の水害で線路脇の斜面が崩落、約半月の運休を余儀なくされました。

コダックさんが「雪中撮影考 その3(アクセス)」で貼ったアングルは、現在斜面崩落防止の工事用道路となっていて、撮影には適しません。現場入り口の看板によれば、この工事は2014年1月下旬には完了する見込みとなっています。雪が溶けた春以降撮影が出来そうです。

そんなわけで今シーズンは、少し手前のポイントからの撮影をおすすめします。2013年12月12日1014M14:47頃 300㎜レンズ使用
a0206532_2113554.jpg


【アクセス】
上越国際スキー場前駅から、下り線側(スキー場側)の道を石打方面に徒歩2分程度。龍澤寺というお寺の脇になります。

【撮影】
9両編成なら300㎜前後、6両編成なら400㎜程度でキレイに収まります。ただし、立ち位置のわずかな違いによって、編成が収まりきれない場合もありますので、ズーミングなどで構図を工夫しましょう。

【留意点】
冬場は駐車スペースがありません。道路はスキー場やホテルに行き来するクルマやバスが頻繁に通るので、路上駐車は出来ません。駅に近い撮影地のため、電車利用がベターです。例年12月下旬~3月下旬は、撮影ポイントが雪山となっていて、長靴が必須です。防寒着の着用が良いでしょう。
[PR]
by muikamachi-hatsu | 2013-12-15 21:17 | 越後湯沢-六日町 | Comments(0)

六日町駅=ジャンクションをスケッチ

こんにちは、コダックです。
上越線と北越急行の分岐駅、六日町。駅舎は北越急行の開業にあわせて大都市にあるそれのような橋上駅となり、東西の出口を結ぶ自由通路が設けられています。

東側から
①番線:上越線上り
②番線:通常ダイヤでは使用する列車ナシ
③番線:上越線下り
④・⑤番線:北越急行
という配置になっていますが④⑤番線はホーム有効長が短く、ローカル専用です。「はくたか」はJRのホームを通り過ぎた先の長岡寄りにある亘り線を使って北越急行に進出入するため、越後湯沢行きは①番、金沢方面行きは③番ホームを通過してゆきます。(④⑤番線からの越後湯沢方面への直通ローカル列車は越後湯沢寄りにある亘り線から進出入)。
その模様を駅構内で撮影してみましょう。

a0206532_1495395.jpg

2013.11.23 15:44
やはり見ごたえがあるのは上越下り線を横断して進入して来る越後湯沢行きでしょう。①番線ホーム先端から撮影しています。長い編成をくねらして迫ってくる「はくたか」をお好みの位置で。フレームアウトで大迫力の表情も狙えますね。


a0206532_14121444.jpg

2013.11.23 14:51
これは東西自由通路のところどころにある開閉できる窓からの撮影です。信号機が初冬の西日に映えていい感じになりました。ジャンクションならではの機器や標識類を上手に取り込んでの構図作りが記録としてもやがては貴重なものになってくると思います。また駅舎はすっかり近代化されましたが2・3番ホームの上屋は昔ながらの古レールと木で造られた雪国独特のきつい傾斜のものです。通過する「はくたか」と組み合わせてみるのも一興かと。

冬場、大雪になれば線路以外は雪壁になります、無雪期とは一変して凄みのある眺めに。

自由通路はもちろんホームにもすべて屋根があり、お気楽に撮影が楽しめます。「はくたか」もポイントの速度制限がかかっているため、比較的ゆっくり通過してゆきますが動いている列車に違いはありませんので、白線の外に出るような危険なマネは慎んで下さい。あと自由通路の窓は撮影が終わったら必ず元通り閉めましょう。冬は雪が、夏は蚊が入りますので。
[PR]
by muikamachi-hatsu | 2013-12-10 14:28 | 越後湯沢-六日町 | Comments(0)

湯沢は堀切あたり

こんにちは、コダックです。

秋の撮影シーズンになりました。きょうご紹介するのは越後湯沢駅からのアクセスが容易な「堀切」界隈をご紹介します。

地元の人同士の会話か土地の登記簿ぐらいでしか「堀切」という地名は使われないのですが、越後湯沢から石打へ向かう途中の小字の名称です。国道17号線を湯沢インターのほうから来ると、湯沢健康ランド前から右斜めへの小道に入り、上越線のガードをくぐった先の田んぼ一帯になります。小規模ながらも棚田も見られ、秋の撮影にはもってこいです。



魚野川沿いの山が狭まる地形の制約から上越線、国道17号、関越道がもつれ合うように並んでいるため、いろいろ目障りなものもありますが、上手にかわしてみてください。線路ぎわの雪崩防護柵から石打方を望めば好ましいSカーブ、9両編成の「はくたか」がきれいに収まります。

2013.8.4 はくたか7号(この列車と折り返し10号のみ6両)
a0206532_15501373.jpg



午前中は逆光ぎみ、正午ごろから順光になります。山がせまるロケーションなため、秋になれば15時前後には山蔭に入ってしまうかと。湯沢側は下のようなイメージです。
2013.8.4 16:58ころ 2071レ
a0206532_15573051.jpg


【留意点】
撮影地一帯の道路は道幅が狭くなっております。クルマ利用の際にはご配慮を。なお国道17号線上のガーラ湯沢駅方面へ入る角地に駐車帯があります(電話ボックスが目印)。そこから徒歩で入るのもよろしいかと思います。

【冬期間】
国道からどのへんまで入れるかは未確認です。

【耳寄り情報】
湯沢駅西口ロータリー内にある「雪国観光舎」という名の観光案内所には、電動アシストつきのレンタサイクルがあります。2時間500円、4時間なら1,000円です。
この撮影地までは約15分ほどで行けます。4時間借りればその気になれば石打方面へも遠征可能。鉄道利用での撮影には大変便利です。なお当然ですが冬季は貸してくれません。
[PR]
by muikamachi-hatsu | 2013-09-26 16:07 | 越後湯沢-六日町 | Comments(0)

越後湯沢駅

2009.8.16
a0206532_9474088.jpg


残暑お見舞い申し上げます、コダックです。

さてお盆休みも佳境、今宵は迎え火を焚いてご先祖様をお招きせねばなりませんね。

【はくたか】のターミナル、越後湯沢駅をご紹介します。1時間ごとに繰り広げられる乗り換え劇のキャスティングに帰省シーズンになると、子供連れの微笑ましい姿が多く加わります。
しかし、【はくたか】と新幹線との接続時間は10分足らず。旅慣れない人が多くなるので乗り換え改札口では自動改札機を止めて切符のチェックよりも人の流れをよくすることに重点が置かれるようになりますが、立ち止まってしまう人もいて駅職員の方々が誘導に声をからしています。

改札内のレイアウトが一昨年から変更され、この画像と同じように撮ることは現在はできなくなっておりますが、在来線ホームへ向かう途上にある立ち食いソバのスタンドやホームに立つ駅弁販売員なども絡めて乗換駅らしい情景のスケッチはいかがでしょうか。

ホームや改札周辺以外でおすすめなのが新幹線コンコース直下の駐車場からです。入場券を買わなくとも発車前の【はくたか】の表情をゆっくりと狙うことができます。4時間までなら駐車無料ですので、撮影の後は「エキナカ」でお土産物色、ぽんしゅ館で日本酒風呂・・・と撮影行の〆に立ち寄るのが楽しいかも。

【行き方】
電車の方は説明不要。クルマでのこの駅直下の駐車場への入場方法が少々わかりにくいのでご案内します。
越後湯沢駅南側(越後中里寄り)に「三国街道踏切」という名の踏切があって、駅の東西を最短で結んでいます。この踏切のある通りが新幹線をくぐる真下に出入り口はあります。コンコースへは駐車場内の階段からまっすぐ上がることができます。
【ご注意】
多数写り込むであろう人物へのご配慮をお願いします。
[PR]
by muikamachi-hatsu | 2012-08-13 10:07 | 越後湯沢-六日町 | Comments(0)

上国前~大沢の大カーブ

こんにちは。くら。@鎌倉です。

【お勧め】
上越線上越国際スキー場前~大沢駅間にある、カーブのアウト側=お寺側から撮影しました。


【ロケ情報】
上越国際スキー場前駅~大沢駅のほぼ中間地点にあります。
龍澤寺と言う名刹の前にこじんまりと親水公園的な広場があります。

【注意点】
道幅もそれほど広くなく、クルマは数台で一杯になってしまいます。
上越国際スキー場前に駐車して、テクテクと散歩がてら歩くのが良いでしょう。

先ずは135mm単焦点レンズで。
a0206532_21352665.jpg


ついで20mm広角単焦点レンズで。
a0206532_2136990.jpg

[PR]
by muikamachi-hatsu | 2012-07-02 21:37 | 越後湯沢-六日町 | Comments(0)

大沢駅のサクラ

こんにちは。くら。@鎌倉です。

【お勧め】
大沢駅の西側の斜面は、2011年の水害で結構被害を受けましたが、サクラが健在なら
ごらんの通りの春爛漫が楽しめます。


【ロケ情報】
大沢駅の越後湯沢方面ホーム入り口、待合室横のスペースから。

【注意点】
列車通過の際には十分ご注意を。

a0206532_2348638.jpg

[PR]
by muikamachi-hatsu | 2012-04-03 23:48 | 越後湯沢-六日町 | Comments(0)

大沢駅から見たサクラ

こんにちは。くら。@鎌倉です。

この「はくたか街道散歩」 編集員の大日本飲酒党魚沼本部を含め融資じゃなかった有志各位の
好きなロケの一つに、上越線大沢駅があります。
列車を撮影するもよし、待ち時間に風景に見とれるもよし。

【お勧め】
越後湯沢方面のプラットフォームから見る景色は見飽きることがありません。

【ロケ情報】
そのまんま、大沢駅で下車です。

【注意点】
景色に見とれすぎて、通過列車に警笛を鳴らされないように。


a0206532_23364434.jpg

[PR]
by muikamachi-hatsu | 2012-04-03 23:39 | 越後湯沢-六日町 | Comments(0)

石打のサクラ

こんにちは。くら。@鎌倉です。


【お勧め】
ロケハンしていれば、列車とサクラのコラボが出来る場所が結構見つかるものです。

【ロケ情報】
国道17号石打ドライブインを過ぎると大きく右にカーブして湯沢に向かいます。
五十嵐入り口の信号があり、右に向かわずに魚野川も渡ってロケハンしてください。

【注意点】
これだけ雪が解けていると、農作業に出向く人がかなり居ます。
クルマの駐停車位置に十分ご注意を。

a0206532_23333415.jpg

[PR]
by muikamachi-hatsu | 2012-04-03 23:35 | 越後湯沢-六日町 | Comments(0)

魚沼の春。

こんにちは。くら。@鎌倉です。

Cディーズの節回しで、♪雪が解けて魚野川に流れていきまっせ あーこりゃこりゃ♪ と。
いよいよ春本番。

新潟、特に豪雪地帯の魚沼の春ほど、日本で春の暖かさを感じさせる季節は他では無いのでは、
と実感させてくれます。

たまには線路から少し外れてサクラ見物など。

【お勧め】
越後湯沢~六日町、魚沼丘陵など、サクラがあればどこでも。

【ロケ情報】
このサクラは県道28号を清水から舞子にかけて走行中に見つけました。

【注意点】
風景に見とれて側溝に落っこちないように。


a0206532_23245295.jpg

[PR]
by muikamachi-hatsu | 2012-04-03 23:31 | 越後湯沢-六日町 | Comments(0)