2011年 05月 28日 ( 1 )

ほくほく大島駅俯瞰

【2014.5.26追記】
 先日、ここを訪ねてみたところ、田んぼの形が機械作業がしやすいよう作り変えられておりました。以前より田んぼが広がったぶん、線路の見通し範囲は狭まり、2両でカツカツという状況です。あとは脚立で高さをかせいで見通しをよくするほかありませんね。
2014.5.17 11:24 はくたか6号
a0206532_954057.jpg




 こんにちは、コダックです。
 まつだいを過ぎると国道253号線はふたたび山越えにかかります。松之山方面への道を分け、丘の稜線をたどるように走る窓には「よくぞこんなところを耕作したもんだ!」と感嘆する棚田風景が。その方面の愛好家には有名お立ち台でして霧の朝などはカメラの砲列が敷かれます。さらに進むと儀明峠トンネル、この峠が魚沼と頚城の境目、新潟県における天気予報の地域区分も中越から上越へと変わります。

2007年5月14日 13:34
a0206532_17562820.jpg


 さて、われらが「はくたか街道」は、というとまつだいを発車したらすべてをスルーする鍋立山トンネルへ。出口には次の駅、ほくほく大島がトンネルの合間のわずかな明かり区間にへばりつくように・・・。実際ホームの端は鍋立山トンネル内に食い込んでいます。ここでご紹介するポイントはそのほくほく大島駅から次の深沢トンネルまでのほんの数十メートルを俯瞰する場所です。
 「はくたか」は3両がやっと。一瞬のうちに通過して行きますが「駅裏」みたいな地の利なので駅から聞こえてくる接近放送でタイミングはつかみやすいです。
 ところで眼下の田んぼの稲が成長する夏以降は、微妙に、ですが高度感が薄れます。三段程度の脚立が欲しいところです。

【行き方】
ほくほく大島駅前を通る県道を左へ。200mほど進み左手へ登る坂道へ入ります。あとは集落の中を蛇行しながらひたすら登り。駅から徒歩15分弱です。ちょうど斜面を背にするほくほく大島駅の上方という位置関係になります。クルマ進入も可ですが地域住民の通行もたまにはあるので迷惑にならない駐車を願います。
【積雪期】
除雪はしていません。行ったことはありませんが積もった雪でおそらく線路は見えないと思われます。


[PR]
by muikamachi-hatsu | 2011-05-28 18:14 | まつだい-大池いこいの森 | Comments(0)