雪中撮影考 その2(装備など)

12月に入りました、コダックです。

a0206532_15333537.jpg

2007.3.12 大沢駅

もうすぐこんな光景に変わる「はくたか街道」。長々とした文章に走りがちな私ですが、「師走」の忙しい中おいでくださった皆さんのためにも、ここは要点箇条書きで進めさせていただきます。

●長靴は必需品だ
寒いところで何がつらいって、足元の寒さほどせつないものはありません。上半身だけならは多少の寒さはガマンできても足元が冷え切ってしまったら行動意欲そのものが失われてしまいます。

豪雪地帯では消雪パイプの地下水で無雪道路を維持しています、つまり雪のない路上は基本的に水びたしの状態です。乾いた地面は屋内にしかない!!これはぜひ知っておきましょう。長靴履いて新幹線に乗るのは勇気が必要かもしれませんが、「のぞみ」じゃなく「たにがわ」なので大丈夫!また少々値は張りますがアウトドアショップや釣具店なんかにゆくとおしゃれなやつもありますし。

●労働者のユニ○ロ、ことワー○マンへGo!
次に何を着てゆくかであります。「はくたか街道」沿線は最も標高が高い越後湯沢でも海抜365メートル、さすがに真冬の早朝にはマイナス10℃近くまで下がることも時々ありますが、北海道のように終日気温が氷点下のまま、ということはまずありません。したがって雪はかなり水分を含んでおり、払い落とせるようなパウダーではありません。つまり濡れます。地元の人は屋外作業はお天気にかかわらず雨合羽で、という人も多く、お気に入りのダウンジャケットでは後悔する可能性大。防水スプレーは気休めでしかありません。

ウィンタースポーツをされる方はそのウェアがいちばんいいと思いますが、持ち合わせのない方は、吉幾三が目印の標題のような作業服のお店に行ってみてください。こういうところで売られている職人仕様の服はなぜか不思議に濡れようが汚れようが気になりません(汚れは勲章?!)。要はひどく汚れたりくたびれたらクリーニングなどせずに捨ててしまって「おニュー」に、というコンセプトですから価格も非常に安くてワンシーズンもてばいい、あるいは着るのは年に数日とおっしゃる向きには十分です。「長靴+ガテン系防寒着上下+必要に応じて雨合羽」で「はくたか街道」装備の一丁あがり。

●そのほか
・普通の手袋にプラスして、その下によく看護師サンが使用しているようなビニールの肌にピッタリ密着する手袋をはめて撮影に臨むと、カメラ操作もでき、しかも寒くありません。
・傘は撮影時はさしていられませんので持ってゆくべきか迷うところですが、水っぽい雪なのでないよりはあったほうがよいと思います。
・雨合羽は濡れずにすむのはありがたいのですが、ご存知のとおりムレやすいのが欠点です。無造作にケータイを胸ポケットなんかに入れないように(私はそれで1台パーにしました)。着替えの靴下、下着、そしてタオル2,3枚をたとえ日帰りでも持参することをおすすめします。
・雪の中でモノを落とすと音はしないわ降っていれば埋まってしまうわ、で気づいてから探し出すのは非常に困難です。スキー場でも滑走中にクルマのキーを紛失され、自宅までスペアを取りに新幹線で帰る気の毒なお客様が毎年いらっしゃいます。カギやケータイ、サイフなどはジッパーの付いたポケットに確実にしまうか、首から下げるなど工夫して紛失を防ぎましょう。
・クルマで行かれる方は撮影前に現地のホームセンターでこれらのアイテムをまとめて調達・・・、というテもあります。湯沢インター出てスグ、あるいは十日町市街のはずれに大型のホームセンターがあります。あとワーク○ンは国道17号線塩沢/六日町間にあります。朝の7時半ごろから営業していて助かります。

なんだかんだで結局長くなりました(笑)。次回は「どうやって現地へ行くか」にせまりたいと思います。
[PR]
by muikamachi-hatsu | 2013-12-01 15:25 | 総合案内所 | Comments(0)
<< 六日町駅=ジャンクションをスケッチ 雪中撮影考 その1(雪国の天候... >>