陽炎と戯れる

a0206532_1134154.jpg

2011.8.14 12:14

コダックです、長期間放置プレイで失礼いたしました(恥)。

梅雨が明け、またまた長いようで短い新潟の夏が始まりました。昨年わたしは『夏といえば陽炎!』、というマイテーマで撮り回っておりましたので、今回はその中から。

十日町駅ホームからのお手軽駅撮りです。以前「十日町トンネル突入」でご紹介した高架駅からトンネルに向かう大都市の地下鉄みたいな線形を駅側から望んでみるとこんな感じになります。

コンクリートスラブに容赦なく照りつける陽光に急勾配を行き来する電車たちはメラメラとゆらぎます。焦点距離が大きいほど面白くかつ強烈なシーンが得られるのは言うまでもありませんが、一般利用者の迷惑にならないよう配慮すれば、大がかりな機材で腰を据えるよりはコンデジのデジタルズーム機能+一脚ていどのお手軽路線で挑戦するのも一興ではないでしょうか。
なおホームは南北方向に伸びていますので、ほぼ終日逆光気味です。

【行き方】
十日町駅下車。通過列車はホームをかすめずに画面左端の本線進行ですが、列車の動きには十分ご注意下さい。また十日町停車の越後湯沢行き「はくたか」到着前などホーム上がかなり混雑する場合もあります。

【降雪期】
到達には問題なし。ポイント部などに降雪時は散水しますので水しぶきと湯気が立ちこめる中の撮影が期待できそうです。
[PR]
by muikamachi-hatsu | 2012-07-22 11:30 | 十日町-まつだい | Comments(0)
<< 越後湯沢駅 上国前~大沢の大カーブ >>