赤倉トンネル坑口@魚沼丘陵

 こんばんは、コダックです。
 六日町で上越線から分かれた北越急行の線路は大きなカーブを回って、赤倉トンネルで六日町盆地に別れを告げます。その坑口上から撮影です。
 ここは敢えて冬場をお勧めします。夏場は眼下の水田地帯で大カーブを自在に楽しむべきでしょう。防音壁や変電所の建物、さらにはトンネル坑口の構造物・・・といろいろあって大変窮屈なこの場所ですが、冬は自由に楽しめないこの界隈での数少ない撮影地です。正面にそびえる巻機山をはじめとする越後の山々が夕映えに輝く時間帯にぜひモノにしてください。厳冬期よりは少々春の気配が見え始め、日没も遅くなる2月下旬からがおすすめです。

2011年2月21日 16:48
a0206532_21381443.jpg


【行き方】
魚沼丘陵駅下車。駅前を走る県道の北越急行のガードをくぐったところをすぐ右折。道なりに150メートルほど進んで突き当たりを左折します。左手に見える変電所を巻くように登るとトンネル坑口上に出ます。
防音壁とトンネル坑口の構造物を上手にかわせる立ち位置には3人立てるかどうか。窮屈なポイントですが魚沼の景観をいっぱいに取り込んで下さい。
【降雪期】
除雪されており徒歩はもちろんクルマでの到達も可能です。ただしすれ違い困難、したがって駐車場所もまったくありません、クルマの方はごく至近ですので魚沼丘陵駅の駐車スペースをご利用下さい。
冬こそお薦めの理由は、除雪によってできた雪壁に登ることで眺望が広がることです(ほんの2mほどですが)。小さくてもよいのでスコップがあると足場固めに便利です。
[PR]
by muikamachi-hatsu | 2011-05-29 21:50 | 六日町-十日町 | Comments(0)
<< 十日町トンネル進入@十日町-まつだい 六日町大雪原 >>